Shell Cordovan 名刺入れ

¥31,460

シェルコードバンでしか作れない、格式ある名刺入れ

シェルコードバンでしか作れない、格式ある名刺入れ

クラシカルな佇まいは、名刺入れの王道を踏襲したスタイル。ここに、革の宝石とも謳(うた)われるHorween社(ホーウィン)『シェルコードバン』を使い、唯一無二の存在感をプラス。気品と美しさが備わるデザインが引き立つよう、構造にもこだわることで、40枚ほどの名刺を収納しても、型崩れのない堅固な作りを実現。内部には経年変化が愉しめるイタリア製『バケッタレザー』を採用し、細部にまで抜かりのないプロダクトに仕上げた。

最高という名に相応しい、美しきシェルコードバン

最高という名に相応しい、美しきシェルコードバン

高級革と謳われるコードバンの中でも、別格に位置する『シェルコードバン』 そのルーツは、世界屈指の老舗タンナーであり、創業から100年以上の歴史を誇る米国Horween社(ホーウィン)にある。HORWEEN社では、今なお昔ながらの植物性タンニンで皮を鞣し(なめし)、一般的な加脂作業よりも遥かに長い時間をかけて、革の内部にまでたっぷりとオイルを革へ染み込ませている。こうした他には真似の出来ない贅沢な工程を積み重ねることで、表面の繊維が見えるほど自然な質感を持ち、使い込むほどに独特の光沢を放つ極上の『シェルコードバン』が生み出される。
内部にはイタリアを代表する老舗タンナー Lo Stivale社(ロスティバーレ)のつくる『バケッタレザー ブルガロ』を採用。きめ細やかな発色と、使い込むほどに深みの増す独自の風合いは、『シェルコードバン』と同じ様に、長く使いつづけることで、より豊かな表情が楽しめる。

負担を軽減、より長く使うための設計。

負担を軽減、より長く使うための設計。

名刺を取り出すたびに、フラップの根元にかかる負担。 革の切れや糸のほつれに繋がる、そうした負担を抑えるために、 職人の経験に基づいた独自の構造設計を採用している。

大容量のメインホルダーと整理に適したサブホルダー

メインホルダーは、素材の特性と技術力を掛け合わせ、40枚以上の名刺が収まりながらも、型崩れのない構造を実現。整理を意識したサブホルダーは、名刺交換をよりスマートなものに変えてくれる。
*内装の革色は外装の革色によって変わりません(キャメル色のみ)。

妥協のない、繊細なコバ処理

細心の注意を払う必要があるコバ処理は、革それぞれの断面を確認することから始まる。確認を通じて、革の断面を丁寧に揃えることは、仕上剤の塗りムラと抑え、熱処理後に均一に整った、自然な光沢を持つコバを生む。

十分な容量の入るマチ構造

補強を施したマチは取り出す際の不可を軽減する

在庫あり

Shell Cordovan 名刺入れ

¥31,460

来店予約をする
Shell Cordovan 名刺入れ

¥31,460

Loading...