厳しい認証を経て作られる、オーガニックコットンとは?環境に配慮した素材

厳しい認証を経て作られる、オーガニックコットンとは?環境に配慮した素材

肌に優しい印象のあるオーガニックコットン。タオルや肌着だけではなく、近年はオーガニックコットン製のマスクも販売されており、店頭などでも目にする機会が多くなりました。オーガニックコットンとは、一体どのような素材なのでしょうか?

オーガニックコットンの意味や定義とは?

オーガニックコットンとは、農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術などを極力使わずに、太陽光や土や水など自然の恵みを活かして栽培されたコットンのことを指します。

認証機関によって、生産から製造・販売まで、すべての工程において厳しい基準が定められており、基準をクリアしたものだけがオーガニックコットンを名乗ることができます。

オーガニックコットンと通常の綿(コットン)の違い

通常のコットンもオーガニックコットンも、材質や手触りなどにおいて大きな差はありません。最も大きな違いは栽培・製造工程です。通常のコットンの栽培では化学肥料、害虫や雑草を駆除する観点から農薬、また機械で効率的に収穫を行うために枯葉剤を使用します。そのため、手間をかけることなく大量生産をすることができます。ただし、大量の化学薬剤を使用するため、土壌汚染や水質汚染、人体への健康被害の観点から問題視されています。

一方、オーガニックコットンは基準以上の化学肥料や農薬などを使用せず、牛糞や魚粉、米ぬかなど自然から作られた有機肥料を主に使用します。また、収穫も自然に葉が落ちるのを待ってから手摘みで1つ1つ丁寧に行います。このように環境負荷は低いものの、作るまでに手間がかかるため、一般的なコットンと比較すると値段は高くなります。

オーガニックコットンとリネンの違い

オーガニックコットンは綿花ですが、リネンは亜麻(アマ)という植物から取れる麻の一種です。オーガニックコットンは、ふんわりとやわらかい手触りであるのに対し、リネンはザラザラとしてパリッとしたコシがあるという違いがあります。

オーガニックコットンの特徴

続いてオーガニックコットンの特徴について解説します。

通気性・保温性に優れている

オーガニックコットンの特徴は通気性の良さです。コットンの繊維は中が空洞になっていて風がよく通り、汗をかいてもすぐに乾きます。また、繊維内の空洞に空気が溜まることで熱を逃さないため、保温性にも優れています。

肌触りが良い

農薬や化学薬品などを使わずに育てられたオーガニックコットンの綿花は質が良く、ふんわりと優しい肌触りになります。その肌触りの良さから、赤ちゃん用の服やおくるみといったベビーグッズから、アレルギーがある方や敏感肌の方の肌着やパジャマなどにも使われています。

認証機関の基準をクリアしている

先に述べたように、オーガニックコットンを名乗るためには認証機関の厳しい基準をクリアし、かつ製品全体に占めるオーガニックコットンの混用率を品質表示に明記しなければいけません。

オーガニックコットンを認証する機関は世界各国に複数存在します。世界共通の認証機関として有名なのが、OCS(Organic Content Standard)と後述するGOTS(Global Organic Textile Standard)の2つです。

日本では、NOC(日本オーガニックコットン流通機構)が代表的です。通常の綿を混合したオーガニックコットンもありますが、NOCの基準はあくまでも100%オーガニックコットンです。またコットン生地以外にも、製品に使われるテープやゴム紐、ファスナーなどのパーツの素材もできるだけ天然素材を使用するよう示しています。

GOTS認証(ゴッツ認証)とは?

「GOTS(ゴッツ)」とは「Global Organic Textile Standard」の頭文字を略したもので、日本語にすると「オーガニックテキスタイル世界基準」です。その名のとおり、テキスタイル分野でのオーガニックの国際認証です。コットンだけではなく、麻やウール、シルクなどの繊維製品が、生産から消費者のもとに届くまで社会的・環境的に配慮されていること(=フェアトレードであること)を保証しています。

GOTS認証を受けるには、繊維全体の95%(表記はOrganic)、または70%以上(表記はMade with Organic)がオーガニック繊維でなければいけません。

またその他、下記の項目を満たす必要があります。

  • オーガニック以外の繊維を混同していないか
  • 最終的にできあがった製品に農薬などの残留物がないか
  • 毒性のある薬剤を使用していないか
  • 製品の追跡可能性(トレーサビリティ)が確保されているか
  • 原料や助剤に遺伝子組み換え技術を使用していないか
  • 水やエネルギーの使用や廃棄物処理は環境目標をクリアしているか
  • 動物実験をしていないか
  • 衛生的で安全な労働環境と搾取のない労働条件が保たれているか
  • 差別禁止が実践されているか
  • 強制労働や児童労働は行われていないか

CRAFSTOが提供するオーガニックコットン素材を使った製品

人にも環境にも優しいオーガニックコットン。CRAFSTOではこの理念に賛同し、オーガニックコットンを使用したオリジナル製品を展開しております。

アップルレザー&オーガニックコットン ボディバッグ

斜めがけでしっかり身体にフィットする、コンパクトなボディバッグ。小さくかさばらないサイズ感でありながら、長財布まで入るほどの収納力がポイントです。前面にはファスナー付きの別ポケットもあり、鍵や小銭などすぐ取り出したいものを入れるのに便利です。バッグ自体は薄く、アイテムをたくさん入れてもかさばりません。ショルダーを調整すれば身体にフィットするので、自転車などアクティブな場面でも活躍します。

オーガニックコットン ボディバッグ

アップルレザー&オーガニックコットン ボディバッグ ¥19,800

アップルレザー&オーガニックコットン トートバッグ

本体はオーガニックコットンキャンバスの生地で軽やかに、ハンドルやパイピングはアップルレザーで高級感を持たせたユニークなトートバッグです。A4サイズの書類やノート、薄型のパソコンもラクラク収納できる横長のフォルムは、デイリーユースはもちろんビジネスシーンでも大活躍。広めのマチもついているため、1泊ほどの小旅行でも十分に使えます。ハンドルは肩がけできる長さなので、たくさんものを入れても持ち運びやすく使い勝手の良いトートバッグです。

オーガニックコットン トートバッグ

アップルレザー&オーガニックコットン トートバッグ ¥23,800



Related Products

アップルレザー&オーガニックコットン ボディバッグ

アップルレザー&オーガニックコットン トートバッグ


Related Blog


サステナブル素材の種類とは|環境にやさしく、持続可能な未来を育む

「サステナブル素材」をご存じでしょうか?原料、製造、販売、消費などの全てのプロセスにおいて環境に配慮した素材を指す言葉です。地球に優しそうなイメージがありますが、具体的にはどのような素材なのでしょうか。...

厳しい認証を経て作られる、オーガニックコットンとは?環境に配慮した素材

肌に優しい印象のあるオーガニックコットン。タオルや肌着だけではなく、近年はオーガニックコットン製のマスクも販売されており、店頭などでも目にする機会が多くなりました。オーガニックコットンとは、一体どのような素材なのでしょうか?...

厳しい認証を経て作られる、オーガニックコットンとは?環境に配慮した素材

肌に優しい印象のあるオーガニックコットン。タオルや肌着だけではなく、近年はオーガニックコットン製のマスクも販売されており、店頭などでも目にする機会が多くなりました。オーガニックコットンとは、一体どのような素材なのでしょうか?...