Future Products

未来を考えたモノづくり

素材について

革製品を軸にコレクションを展開するCRAFSTOは、使用する素材に、常に真摯に向き合ってきました。それはものづくりを愛するゆえに辿り着いたひとつの答えであり、また、ものづくりにおいて、クリエイティビティの可能性を追求し続けている意思表明でもあります。

<天然皮革について>

まず、私たちCRAFSTOは「アニマルレザーに対するトレーサビリティ」を尊重しています。トレーサビリティとは、追跡を意味する「Trace(トレース)」と能力を意味する「ability(アビリティ)」を掛け合わせた言葉で直訳すると「追跡可能性」という意味があります。CRAFSTOが使用している革は、動物愛護の観点から、すべて食肉用の動物から生まれた副産物であること、そして、その経路を明確にしています。さらに環境保護の観点として、皮をなめす工程において、金属やクロムなどのなめし剤は使用せず、環境に優しいとされる植物タンニン(フル・ベジタブル)でなめされた革のみを使用することで、持続可能な社会の上に成り立つものづくりと、素材の調達を大切にしています。

*使用している革のタンナー情報は下記URLをご参照ください。

トーマスウェアサンズ社(イギリス)
https://thomasware.co.uk

イタリアンなめし協会(イタリア)
https://www.pellealvegetale.it

ホーウィン社(アメリカ)
https://www.horween.com

<ヴィーガンレザーについて>

さらに、持続可能な素材への挑戦の一環として、CRAFSTOは、ヴィーガンレザー、リサイクル素材を、製品として導入する取り組みを行なっています。ヴィーガンレザーとは、植物質の原料が使われる天然由来の革のことで、現在、サボテン、アップル、バナナ、キノコなど、世界中でさまざまな種類の革が開発されています。またライニングに使用する生地もリサイクル素材や再生ポリエステル素材の導入を積極的に行なっています。私たちが、ものづくりを通して表現すべきなのは、トレーサビリティな素材を使用し、革製品の新たな価値観を見い出し続けていくこと。それが、私たちが掲げる「Traditional×Modern」へと繋がると考えています。これらの世界的な活動にCRAFSTOが共感し、積極的に行動していくことは、いずれ私たちのアイデンティティとなると信じています。


Future Products

私たちの製品について

CRAFSTOでは、製品を「永く愛用してこそ、究極のサスティナブル」という理念のもと、トレンドに左右されない普遍的なデザインを大切にしています。

素材について

革製品を軸にコレクションを展開するCRAFSTOは、使用する素材に、常に真摯に向き合ってきました。

リサイクル・リユース

ご存知の通り、日進月歩で私たちの生活に紐づくすべてのことがハイテク化され、便利になっていく世の中にあると同時に、環境保全に関して、日を追うごとに世界的に問題視されています。

調達公開ポリシー

CRAFSTOでは、ブランドの世界観を表現するためのキーワードのひとつとして掲げている「Timeless」であり続けること。