Apple Watch バンド

Apple Watch (アップルウォッチ)バンドの選び方とサイズの測定方法について

キャッシュレス派を中心に大人気のApple Watch(アップルウォッチ)。Apple Watchバンドは、レザーやシリコン、エラストマー、ナイロンなど種類も様々。バンド部分を自分好みのものに取り換えれば、世界で1つだけのApple Watchに早変わり。ただ、手首のサイズや対応機種などを確認しないと、取り付けられず交換する羽目に…そこで今回は、Apple Watchバンドの選び方と対応サイズ・機種の確認方法について解説します。

Apple Watch(アップルウォッチ)バンドの種類

Apple Watchバンドには大きく分けて2種類あります。

バンドタイプ

Apple Watchバンド部分のみの商品です。Apple Watch購入時に付いているバンドと付け替えて使います。

ケース一体型

ケース一体型は、バンドとケースがセットになっているApple Watchバンドです。耐水や防水加工、傷が付きにくい加工が施されているものが多く、Apple Watch本体をしっかり保護します。ただし本体部分は機種によって大きさが異なります。

必ずご自身のApple Watchの機種やケースサイズを確認してから、購入するようにしましょう。

Apple Watch(アップルウォッチ)バンドの選び方

Apple Watchバンドの選び方は、大きく以下の4つのポイントになります。

Apple Watch(アップルウォッチ)バンドの選び方1.対応サイズ・対応機種

Apple Watchバンドを選ぶ際に、最も重要なのは対応サイズ・対応機種です。2022年9月現在、Apple Watchのサイズは下記の7種類があります。特にケース一体型のApple Watchバンドを購入する場合は、サイズ確認が必須ですので注意しましょう。

  • 大きめサイズ:49mm、45mm、44mm、42mm
  • 小さめサイズ:41mm、40mm、38mm

ケースサイズは、大きく2つの方法で確認することができます。

背面の刻印で確認する

Apple Watch背面に記載されている「SERIES〇〇 ・〇〇MM」という刻印をチェックしましょう。

iPhoneで確認する

Apple Watchが手元にない場合、iPhoneで対応機種やサイズを確認することもできます。

  1. iPhoneで Apple Watch Appを開く
  2. 「マイウォッチ」タブ>「一般」>「情報」をタップ
  3. 「モデル」でMから始まる部品番号を表示する
  4. 再度、「モデル」をタップするとAから始まる5桁の番号が表示される(例:「A2351」など)
  5. モデル番号を公式サイトの情報を照合して確認 

Apple Watch(アップルウォッチ)バンドの選び方2.素材

商談や出張などのビジネスシーンでApple Watchを使用する方は、革(レザー)製のバンドが適しています。名刺交換や会計時など、何かと手首に目がいく場面が多いです。革(レザー)製のバンドなら、スーツにも違和感なくマッチしますよ。

革(レザー)製の他にも、ステンレスのApple Watchバンドもオフィスやフォーマルシーンにぴったり。シンプルな印象だから、ビジネスシーンでもナチュラルに溶け込みます。

一方、ランニングやサイクリングといったアクティブシーンで使いたい方は、シリコン製やエラストマー(ゴム弾力のある素材)製がおすすめです。

シリコン製やエラストマー製は耐水性に優れており、汗をかいても安心。さらに身体にフィットしやすいです。

カジュアルな印象にしたい方や、普段使いしたい方、睡眠中にも使いたい方はナイロン製が向いています。 ナイロン製の利点はやわらかく肌になじみやすいことです。通気性に優れているため夏場でも使えます。

Apple Watch(アップルウォッチ)バンドの選び方3.手首の長さ

手首にフィットしていないApple Watchバンドを装着すると、何かの拍子に落としてしまったり、密着しすぎて腕を痛めてしまったりする可能性があります。

革(レザー)製なら、ベルト穴やクラスプ(留め金)で調整できるものが多いです。ナイロン製は、特殊な繊維を使用して、ゴムバンドのように伸縮できるタイプもあります。

また、Apple Watchバンドによってはマグネットで留めるループタイプも。ベルト穴やクラスプよりも数ミリ単位で微調整が可能です。既存品では手首にフィットしない方におすすめ。

Apple Watch(アップルウォッチ)バンドの選び方4.機能性

耐水性や防水性を求めるならシリコン製のApple Watchバンドがおすすめ。突然の雨、プールで泳ぐ際も、水濡れを気にせずApple Watchを装着できます。

Apple Watchを手首に装着していても、誤って壁にぶつけたり、取り外しの際に落としてしまったりすることもありえます。その衝撃が強いと本体にひびが入ることも。ポリカーボネート樹脂やTPU(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)のような耐衝撃性のある素材や、二重構造になっているApple Watchバンドだと安心です。

CRAFSTOが提供するApple Watchバンド

CRAFSTOでもオリジナルのApple Watchバンドを提供しています。カラフルなレインボーカラーが目を引く「Future prism コレクション」のApple Watchバンドは、1本1本異なった色や柄の出方が美しいアイテムです。

AppleWatchバンド レザー

通常は廃棄されてしまう床革(とこがわ)を美しく着色したアップサイクルレザーを使用。このシリーズの売り上げの3%は、LGBTQの若者の自殺防止に取り組む団体「Trevor Project」に寄付されます。店舗でしか購入できない限定商品です。ぜひCRAFSTOの新店舗に足を運んでみてください。

来店予約ページはこちら 

【製品スペック】

  • 金具カラー:ゴールド/シルバーの2色展開
  • 対応機種:Apple Watch Series 6/SE/5/4 44mm & Series 3/2/1 42mm、Apple Watch Series 6/SE/5/4 40mm Series 3/2/1 38mm
  • サイズ:幅約1.4cm、手首周り:15.8~20.0cm
  • 重さ:15g|価格:9,800円(税込) 

【店舗情報】

  • JR総武線「浅草橋」駅下車、徒歩2分
  • 住所:東京都台東区浅草橋1丁目8-6 1F
  • 定休日:火曜日、水曜日(年末年始を除く)
  • 営業時間:12時〜19時


Related Products


Related Blog


アップサイクルの意味とは|リサイクルとは違う?廃棄物に新たな価値をつける取り組み

服やバッグ、インテリア雑貨など、使い終わって不要になったものはどうしていますか?そのまま捨てるのは簡単ですが、廃棄処理には二酸化炭素の排出や土壌汚染など、問題も山積みです。廃棄以外の選択肢として、近年注目されているのが「アップサイクル」です。...

床革(とこがわ)の経年変化や手入れ|地球環境にやさしいリサイクルレザー

床革(とこがわ)をご存じでしょうか?本来は、革の製造工程で廃棄される部位のため、普段目にする機会はほとんどないでしょう。しかし近年では、資源の有効利用の観点から床革を使った製品も登場しています。今回は、床革の特徴や魅力を解説します。...