ミニマリスト リュック

ミニマリスト向けのリュック特集。軽量で収納抜群なリュックの選び方

ミニマリスト バッグ ヴィーガンレザー

CRAFSTOのヴィーガンレザーバッグコレクション

できるだけ、最小限の荷物で過ごしたいと考えるミニマリストにとって、カバン選びは死活問題。世の中には、リュック、トートバッグ、ポシェット、ボディーバッグなどさまざまなタイプのカバンがあり、迷ってしまいますね。今回は、両手が空いて、かつそれなりの容量の荷物を収納できるリュックに焦点を合わせてご紹介。ミニマリストにおすすめのリュックの選び方のポイントを解説します。

ミニマリスト向けのリュックを選ぶポイントとは?

ミニマリスト向けのリュックを選ぶには、大きく以下5つのポイントを参考にしましょう。

選び方1.素材

素材1つで、リュック全体の重さはもちろん、印象も変わります。軽さを重視したいなら、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維がおすすめ。これらの素材は、スポーツ用品にしばしば使われており、軽くて水やキズにも強い特徴があります。

ビジネスシーンで使用したい方は本革がおすすめですが、上記のナイロンやポリエステルなどと比較すると、少し重くなります。革素材が良いけど軽さも重視したいという方には、植物性のヴィーガンレザーがおすすめです。サボテンやりんごの皮、パイナップルの葉など植物性の素材から作られたヴィーガンレザーなら、見た目は動物性の革とそっくりですが、軽くて扱いやすい利点があります。

選び方2.収納力・サイズ

リュックを選ぶ際に意識したいのがサイズ感と収納力。リュックのサイズは、他のバッグと異なり、L(リットル)で表されます。なお、L(リットル)は縦×横×奥行き(マチ)で算出することができます。

最低限の荷物で良いミニマリストの方は、10L前後のリュックで考えておくと良いです。10Lだと少し不安な方は20Lにしておきましょう。30L以上は、大容量になるため、ミニマリスト向けのリュックとしては不向きです。

また、サイズを確認するときにあわせてチェックしたいのが外ポケットの有無。同じサイズでも、外にポケットが付いているか否かで収納力が格段に違います。内側にポケットが付いているタイプのリュックもありますが、メイン収納部に入れた荷物で圧迫され、思いの外収納できないということも。

選び方3.耐久性

耐久性については、大きくリュックの素材に依存します。ポリエステルやナイロンは、耐久性・耐水性に優れます。本革は経年変化がむしろ味の1つとなります。しかし、雨や汗などの水濡れが弱点であるため、ケアには十分な注意が必要です。よくリュックで使用される合成皮革は、数年で持ち手などよく使用する部分の表面が摩擦で剥がれることが多いです。

リュックのなかには、表面に防刃性(ぼうじんせい)が施されたものも。防刃性(ぼうじんせい)に優れていると、カッターやハサミなどの刃物を当てられても切れないため、スリ対策にもなります。

選び方4.使い勝手

使い勝手として、チェックしたいのがまず「バックパネル(背当て)」。バックパネルがあることで、リュックと背中の間にスペースができ、リュックの中にある荷物に背中が直接当たるのを防ぐだけでなく、通気性も上がるため、背中が蒸れにくくなります。背中に汗をかきやすい夏の暑い時期にも重宝します。

もう1つが、「専用の収納ポケット」の有無。パソコンやメガネなどをしまえる専用の収納ポケットは、製品によっては、衝撃から保護できるように、厚みのあるパッドが設置されているものもあります。大切なものを壊さず、長く使いたい方には外せない機能の1つかも。

選び方5.開口部

リュックの開口部は、大きく「巾着型」「ラウンド型」「フラップ型」「がま口型」の4つがあります。

大きく開き、一目で中身を見渡せるリュックが欲しい方は巾着型がおすすめ。ただし巾着型はきつく閉めても隙間が開いてしまう構造であるため、パソコンやタブレットなど精密機器を収納する方はきっちり口が閉じるラウンド型やフラップ型がおすすめです。特にフラップ型はリュックを覆うようにカバーできるので、雨やほこりからリュックの中身を保護できます。ラウンド型はファスナー部分が広く大きく開くので、パソコンや書類、書籍など角張っていて大きいサイズのアイテムを出し入れするのに適しています。がま口型はあまり大きく開きませんが、ワンタッチですぐに開閉できるのが利点です。

CRAFSTOが提供するミニマリスト向けリュック

CRAFSTOでは、身軽に動きたいミニマリストにぴったりのリュックをいくつか取り揃えています。

Desserto ヴィーガンレザーバックパック

黒を基調としたシックな見た目で、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使える一品。本体には「Desserto (デセルト)」というサボテンレザーを使用。サボテンレザーの見た目は動物性の革にそっくりですが、水濡れやキズに強く、耐久性が高いメリットがあります。

内側には、13〜14インチのノートパソコンを収納できるポケットを完備。また、カードケースやスマホを収納できるフリーポケットをサイドに1つ設置しています。両側に大きく開くジップクロージャー仕様で、収納力は抜群。出張や旅行の時にも重宝します。

ヴィーガンレザーバックパック 女性
女性着用イメージ
ヴィーガンレザーバックパック 男性
男性着用イメージ

アップルレザー&オーガニックコットン ナップサック

りんごの廃棄部分をアップサイクルしたアップルレザーと、天然染料で草木染めしたオーガニックコットンの組み合わせは、見た目が軽やかなだけではなく、地球環境にも配慮されています。使用している革や布の面積が少ないため、約505gと非常に軽量で、使い勝手が良いのがポイント。とにかく軽さを重視したい方におすすめです。

開口部は巾着型だから、大きく開いて中身を見渡せて、ストレスフリーな使い心地に。トップハンドルも付いているので、手持ちバッグにもなる2WAY仕様。多くのアイテムを持ちたくないミニマリストの方にぴったりの一品です。

アップルレザー ナップサック 女性
女性着用イメージ
アップルレザー ナップサック 男性
男性着用イメージ


Related Products

Desserto ヴィーガンレザーバックパック

アップルレザー&オーガニックコットン ナップサック

オニベジ×マッシュルームレザー バックパック

Future Prismアップルウォッチベルト


Related Blog


2023/02/01

ミニマリスト向けのリュック特集。軽量で収納抜群なリュックの選び方

最小限の荷物で過ごしたいと考えるミニマリストにとって、カバン選びは死活問題。リュック選びでは、サイズや収納力だけでなく、素材や耐久性、使い勝手や開口部なども外せません。

2022/11/02

レザーリュックの選び方|上質な革製はビジネスシーンでも活躍

レザーリュックの素材は本革やヴィーガンレザーなどがあり、クールで上質な印象を与えられます。ジャケットなどのフォーマルシーンにもなじみ、スマートに使えるのがポイント。

2023/04/03

オニベジとは|廃棄予定の玉ねぎの外皮から抽出した、環境にやさしい素材

オニベジとは、合成繊維を、タマネギの皮から抽出した成分をベースにして、さまざまな植物の天然素材で染色したものをいいます。ナチュラルな色合いが表現できるのが魅力です。