ブライドルレザー

ブライドルレザーの特徴|エイジング(経年変化)と手入れについて

ブライドルレザーとは?

ブライドルレザーは、もともと馬具のために作られた牛革を指します。明確な起源は定かではありませんが、1000年以上前に乗馬で使用する轡 (くつわ) を固定するために馬の頭につける面繋(おもがい)や手綱などの馬具などで使われていたとされています。消耗が激しい乗馬においては耐久性が高い革が好まれ、のちに革製品の素材としてブライドルレザーが認知されるようになりました。19世紀以降には、馬車から蒸気自動車に交通手段が移り変わり、ブライドルレザーの製造数は減少していきました。

ブライドルレザーとコードバンの違い

ブライドルレザーの素材は牛革であるのに対し、コードバンは馬革になります。ブライドルレザーは、通常の牛革と比較しても耐久性に優れており、型崩れしにくい特性を持っています。また、革の表面に浮き出たブルームが、使ううちに中に浸透して色に深みを増すのも魅力の1つです。

一方、コードバンは、ブライドルレザーのようにブルームはなく、表面がつるんとしてスムーズなのが特徴です。キメが細かくなめらかな手触りな分、傷つきやすい難点もあります。

関連記事:コードバンとは|手入れとエイジング(経年変化)【水ぶくれ・毛羽立ち・色あせ等】

ブライドルレザーのメッカ「ウォルソール」

バーミンガムの北方にあるウェスト・ミッドランズ州に位置するウォルソールは、馬具や革製品などの伝統的な工業が盛んで、ブライドルレザーのメッカといわれています。今でもここには伝統製法でブライドルレザーを製造するタンナーが数多く存在しています。

ブライドルレザーの特徴

ブライドルレザーの伝統製法では、グリースやロウが染み込みやすくなるよう革の銀面を削ります。その後、何度もグリースとロウを塗り込み繊維を引き締めます。これにより、雨水などの水分が革に浸透するのを防ぐと同時に、革の中に含まれる水分を保持して強度を保つことができます。このグリースとロウを染み込ませる期間は5ヶ月以上かかる場合も。

ブライドルレザーを象徴する「ブルーム」

ブライドルレザーは、表面に白い粉が浮き出ることがあります。これは「ブルーム」と呼ばれるもので、蝋引き加工時に刷り込まれたグリースやロウが凝固して浮き出たもので、カビではありません。

ただし、「ブルーム」がある=ブライドルレザーというわけではなく、アメリカのハーマンオーク社のブライドルレザーなどは、温度が高い砂漠での使用を想定(グリースが液状化するため)して、蝋引き加工を行っておらずブルームは出ません。

ブライドルレザーの経年変化/エイジング

ブライドルレザーの特徴は、長く使い続けるとブルームが革に馴染んで落ちていき、ツヤが出ることです。ブライドルレザーの製造工程では、革が腐敗したり乾燥したりするのを防ぐために鞣す(なめす)作業が行われます。

革の用途に合わせ、鞣し(なめし)の種類も異なりますが、ブライドルレザーでは植物性由来のタンニンを使います。非常に高価ですが、使い込むほどツヤが出る「エイジング」を楽しむことができます。

タンニンは柿やワインに含まれているポリフェノールの一種で、熟成したワインほど色が渋くなるのもこのタンニンが作用しています。これと同じように、革も紫外線や酸素に触れることで酸化して色に深みが増してツヤが出ます。

ブライドルレザーの手入れやケアの方法について

もともと、ブライドルレザーは馬具製品として開発されたレザーのため、他の革と比べて耐久性が高いです。そのため、しばらくはオイルなどによるお手入れは不要です。

ブライドルレザーの使い始めは?

ブライドルレザーは蝋引きされた革のため、使い始めは柔らかい布やブラシなどでさっとホコリを払うだけでOKです。クリームやワックスなどで油分を追加してしまうと、表面にくもりが出てしまいかえって艶感を落とす可能性があるので注意しましょう。

ブライドルレザーの手入れ頻度

ブライドルレザーの手入れ頻度は特に決まっていません。使用状況や使用頻度によって製品の状態が異なるため一概には言えませんが、一般的には2ヶ月に1回とされています。ただし、ひび割れや毛羽立ちや乾燥などが見られたら、お手入れをしましょう。

かさついてきた場合

日常的には、柔らかい専用クロスなどで乾拭きし、ほこりや指紋などを拭き取る程度で問題ありません。ただし、表面がざらついたり、かさついたりする場合は、乳化性または油性で無色の革の栄養補給を目的としたクリームやオイルで保湿しましょう。ただし、汚れ落としの成分を含む製品は変色や色落ちの恐れがあるので、使用を控えてください。

傷が目立ったら

ごくわずかな傷であれば、乾いた布や指先で傷をこすることで、傷が薄くなることもあります。深い傷も同様に、表面を研磨したり、繊維を膨張させ表面を圧迫させたりすることで目立たなくすることはできますが、完全な修復は難しくなります。

ひび割れが見られたら

基本的に、ひび割れをしてしまうと完全に修復することはできません。少し乾燥してきた、ぱさついてきたと感じたタイミングで、内部に浸透しやすいお手入れ専用のオイルやクリームなどで保湿しましょう。

CRAFSTOが提供しているブライドルレザー製品

CRAFSTOの財布に使用されているブライドルレザーは、本場英国バーミンガム近郊の老舗タンナーで製造されています。一枚一枚、手作業でグリースを革に浸透させ、植物性由来のタンニンで鞣す(なめす)という14世紀から続く伝統的な製法で作られています。 革本来の表情や素材感、経年変化(エイジング)を楽しめるよう、あえて革には表面加工をしていません。そのため革の表面には色ムラや傷、トラ(動物本来のシワ)などがありますが、これはまさに天然皮革である証拠です。

Bridle Leather ブライドルレザー ラウンドファスナー長財布

小銭、カード類、紙幣をバランス良く持ち歩きたいなら、こちら。2箇所の札入れ、中央にあるマチ付きの小銭入れ、そして側面に計8ヶ所設置されているカードホルダーと収納は申し分なしです。また、ジャケットの内ポケットにもしまい込めるよう、極力厚みを抑えたフォルムに。

ブライドルレザー ラウンドファスナー

BRIDLE LEATHER ブライドルレザー ラウンドファスナー長財布 ¥39,600

Bridle Leather ブライドルレザー L字ファスナー財布

小型なブライドルレザー製のお財布を探しているという方にはおすすめの一品です。片手サイズでありながらも、小銭入れと札入れ、4ヶ所のカードホルダー、領収書やレシートなどを収納できるフリーポケットも2ヶ所設置。シンプルでスタイリッシュなデザインだから、フォーマル、カジュアルどちらでも使えます。

ブライドルレザー L字ファスナー

BRIDLE LEATHER ブライドルレザー L字ファスナー財布 ¥29,700



Related Products

ブライドルレザー ネックウォレット

【予約販売】ブライドルレザー ウォレットバッグ

英国製ブライドルレザー三つ折り財布

Bridle Leather ブライドルレザー マネークリップ

Bridle Leather ブライドルレザー 長札入れ

Bridle Leather ブライドルレザー 長財布

Bridle Leather ブライドルレザー 二つ折り財布

ブライドルレザー フラグメントケース【5Pockets】


Related Blog


長財布と二つ折り財布(折りたたみ財布)どっちがいい?メリット・デメリットを徹底比較

数ある財布のなかでもポピュラーなのが長財布と二つ折り財布。新しく財布を購入するときに、長財布にするか二つ折り財布にするか悩む方も多いのではないでしょうか。今回は長財布と二つ折り財布のメリットやデメリットについてそれぞれご紹介します。...

コードホルダー(イヤホンホルダー)とは?使い方や選び方について

カバンの中に入れて持ち歩いていたイヤホンを使おうとしたら、キーケースや充電ケーブルと絡まってしまって、うまく取り出せない……。こんな経験ないですか?...