財布

今使っている財布は何年使う?寿命と買い替え時期について【長持ちするメンテナンス】

突然ですが、今の財布をどのくらい使い続けていますか?

財布は頻繁に交換するものではありませんが、毎日使い続けるアイテムの1つです。

色落ちやヘタリ、摩耗などが気になるものの、まだ機能面では使えることも多く買い替えのタイミングが難しいですよね。

そこで今回は、財布の買い替えタイミングに悩む方のために、財布の寿命や長く使うコツをご紹介します。

財布の寿命はどのくらい?

そもそも財布の寿命とは一般的にどのくらいを指すのでしょうか?本革と合成皮革でそれぞれ解説します。

本革の場合

本革の財布は、5~10年が寿命の目安といわれています。本革は使い続けるうちに、やわらかさや色合い、ツヤなどが変化していきます。これが革の経年変化(エイジング)です。

定期的に保湿ケアや汚れ落としをすることで、経年変化を楽しみながら10年ほどは使えます。

ただし、水濡れを放置したり荒い使い方をしたりすると、早いうちから表面の劣化が進むため、10年より前に新調したほうが良いでしょう。

合成皮革の場合

一方で合成皮革は、本革よりも短く2年ほどです。合成皮革とは、基布(きふ)に、ポリウレタン樹脂や塩化ビニール樹脂を塗布して本革に似せた素材です。

この表面に塗られたポリウレタン樹脂や塩化ビニール樹脂が、水分や日光の熱、人の脂、摩擦などに反応して、消耗していきます。この現象を「加水分解(かすいぶんかい)」とよびます。

革財布の買い替え時期は?判断のポイント5つ

では、実際に財布の買い替えのタイミングはどう判断すれば良いのでしょうか?見極めのポイントを5つご紹介します。

1.ひび割れしている

革表面のひび割れは判断ポイントの1つです。革は乾燥して水分が抜けると、徐々にひび割れます。ひび割れを起こした革は、油分が少なく革の繊維が割れやすくなっているため、そのまま使い続けると、さらにひび割れが進行してしまうことも。

革用クリームで繰り返し保湿してもひび割れが目立つようになってきたら、買い替えを検討しましょう。

2.金具が破損してしまった

ファスナーやボタンなどの金具が破損すると、使いづらいだけではなく、小銭が財布から落下してしまう恐れもあります。

財布の金具や部品は新しいものに交換できますが、部品によっては交換に多額の費用がかかることもあるため、思い切って財布を新調してみても良いかもしれません。

3.角擦れ・糸のほつれがある

財布の角やコバは、衝撃や摩擦を受けやすい箇所でもあります。使い続けると、そのうちに角が擦れてテカリや変色が目立ち始めます。そのまま放置しておくと、革内部までキズが進行することがあります。

参考記事:革の「コバ」の意味とは?コバ処理の種類や補修・手入れ方法について

4.変形している

財布は使い続けるうちに型崩れしていきます。財布をパンツの後ろポケットに入れたまま座ったり、容量の限界まで財布に小銭や紙幣を入れたりする状態が続くと、必要以上に革伸びを起こして型崩れを起こします。

変形した財布はファスナーの動きも悪くなり、使い勝手が悪くなってしまいます。

5.色褪せ

本革は、長く使い続けるうちに経年変化(エイジング)が起こります。経年変化は本革製品を使う楽しみの1つで、多少の色褪せは「良い味」となります。

一方、合成皮革は経年変化が起こりません。耐久性の低い合成皮革は、使い続けるうちに日光や摩擦などで色褪せます。

少しの色褪せならクリームやスプレーで修復できますが、それでも色褪せが目立つようなら財布の交換時期と言えるかもしれません。

関連記事:革のエイジング(経年変化)とは|変化の種類や手入れ・ケアについて

財布を長く使うためのコツ

続いて、財布を長く使うために気を付けるべきポイントをいくつかご紹介します。

モノを入れすぎない

まず財布にモノを入れすぎないのがポイントです。収納力がある財布だと、小銭や紙幣、レシート、カードなどつい限界まで収納したくなります。しかし無理にモノを詰め込むと、内側からの圧力で革が伸びて変形してしまいます。

できるだけ多くカード類や小銭を持ち歩きたい方は、財布と合わせてコインケース(小銭入れ)やカードケースを用意しましょう。中身を分散させるだけでも、財布への負担が大きく軽減されます。

関連記事:コインケース/コインパース(小銭入れ)なら革が良い?種類や選び方

保湿ケアをする

特に本革の財布は保湿ケアが大切です。

革表面の乾きやパサつきが気になってきたら、定期的にクリームやオイルで保湿しましょう。ただし頻繁に保湿ケアをすると、クリームやオイルの水分が革内部に溜まってカビの原因になることがあります。

保湿ケアをしたあとは、直射日光が当たらない風通しの良い場所で財布を乾かしましょう。

後ろポケットに入れない

パンツの後ろポケットに財布を入れていると、財布を傷めやすくなります。歩くたびにパンツの布地と擦れたり、入れたまま座って体重がかかり変形しやすくなったりします。財布のキズや変形を防ぐためにも、カバンに入れて持ち歩くことをおすすめします。

他のものと一緒にしまわない

財布を他の小物と一緒にカバンの中にしまうと、カバンの中で動いて頻繁に擦れたり当たったりします。鋭利な鍵やボールペン、クリアファイルなどと当たるとキズになりますし、ペットボトルの水滴が付いて、水濡れや水シミ・水ぶくれになる可能性もあります。カバンにしまう場合は、財布だけ別のポケットに入れて、他の小物と直接当たらないようにしましょう。

財布を長持ちさせるお手入れ・メンテナンス

せっかく気に入ったお財布。できるだけ長く大切に使い続けたいもの。

普段のちょっとしたお手入れで財布は格段に長持ちします。

特に本革の財布なら、お手入れで美しさをキープしながら経年変化も楽しめます。普段のお手入れは、毎日財布を使い終わったら乾いた布でサッと表面を乾拭きするだけで十分です。これだけでも財布の表面についたほこりや軽い汚れが落とせます。

もし財布に汚れが付いてしまったら、なるべく早めの対処が重要です。少しの汚れなら水を少し含ませた布でやさしく拭えばOKです。手垢など油性の汚れは、革用のクリーナーを使いましょう。

同様に、水濡れしたときもなるべく早めに乾いた布でやさしく拭きとります。汚れも水滴も、放置するとだんだん落ちにくくなります。付いてしまったらすぐにケアして、あとは直射日光の当たらない場所に置いてしっかり乾かしてから使うようにしましょう。

CRFASTOが提供する本革製の財布

CRFASTOでは、本革を使用したオリジナルの財布を展開しています。財布の買い替えを検討の方は、ぜひ次の候補にいかがでしょうか?

Bridle Leather ブライドルレザー L字ファスナー財布

英国で馬具に使われていたブライドルレザーを使用した財布です。ブライドルレザーの特徴である革表面の白いロウは、使い続けるうちに薄くなり色の変化を楽しめます。L字ファスナーは開閉がスムーズで、使い勝手も抜群です。

ブライドルレザー L字ファスナー財布

商品はこちら

Shell Cordovan シェルコードバン ラウンドファスナー長財布

収納力抜群の長財布です。本体には深いツヤが美しいシェルコードバンを使用。使い続けるうちに色合いとツヤが深く変化します。フリーポケットもたくさん付いていて、収納力重視の方にぴったりの長財布です。

シェルコードバン ラウンドファスナー長財布

商品はこちら

Bridle Leather ブライドルレザー 長財布

長財布の収納力は欲しいけど、財布の厚みがかさばるのが気になる方におすすめのアイテム。ポケットがたくさん付いており収納力はありながらも、全体の厚みを抑えたスリムな長財布です。こちらもブライドルレザーを使用しており、堅牢で美しい印象です。

ブライドルレザー 長財布

商品はこちら



Related Products

Shell Cordovan シェルコードバン 二つ折り財布

Bridle Leather ブライドルレザー 二つ折り財布

Shell Cordovan シェルコードバン L字ファスナー財布

英国製ブライドルレザー三つ折り財布

Bridle Leather ブライドルレザー L字ファスナー財布

NEBRASKA ネブラスカ L字ファスナー財布

Shell Cordovan シェルコードバン ラウンドファスナー長財布

Bridle Leather ブライドルレザー 長財布


Related Blog


長財布と二つ折り財布(折りたたみ財布)どっちがいい?メリット・デメリットを徹底比較

数ある財布のなかでもポピュラーなのが長財布と二つ折り財布。新しく財布を購入するときに、長財布にするか二つ折り財布にするか悩む方も多いのではないでしょうか。今回は長財布と二つ折り財布のメリットやデメリットについてそれぞれご紹介します。...

コードホルダー(イヤホンホルダー)とは?使い方や選び方について

カバンの中に入れて持ち歩いていたイヤホンを使おうとしたら、キーケースや充電ケーブルと絡まってしまって、うまく取り出せない……。こんな経験ないですか?...