ガジェットポーチ

全部まとめて持ち歩ける!ガジェットポーチで小物を賢く収納

リモートワークをすることが増えた昨今、パソコンだけではなく周辺の小物も一緒に持ち歩く機会も増えてきました。バッグにそのまま入れていると、充電コードが絡まったり、SDカードのような小さなアイテムは迷子になったりしがちですよね。そこで今回は、必要なときにすぐ取り出せて、かつ保護しながら持ち運べるガジェットポーチをご紹介します。

ガジェットポーチとは?

ガジェットポーチとは、USBやマウス、ケーブル、モバイルバッテリーなどの小物をまとめて収納できるポーチです。ガジェットケースと呼ぶこともあります。ポーチ内部にクッション性のある素材を使っているものも多く、大事な中身を傷つけずに運ぶことができます。

ガジェットポーチの種類

ガジェットポーチは、素材の違いで大きく2種類に分けられます。それぞれのメリットとデメリットを解説します。

ガジェットポーチ-ハードタイプ-

合成樹脂などで作られたハードタイプのガジェットポーチは、堅牢性と耐久性が大きな特徴です。スーツケースのような固く変形しづらい素材で作られているため、外部からの衝撃にも耐えられます。精密で取り扱いがデリケートなマウスやUSB、カメラのレンズ類などを持ち運ぶ際におすすめです。ただしポーチ自体が重く固いため、かさばってしまうのが難点です。

ガジェットポーチ-ソフトタイプ-

反対に軽さを求めるのであれば、ソフトタイプがおすすめです。綿やナイロンなどのやわらかい素材でできており、軽さはもちろんカバンやスーツケースの中でも適度に変形するため場所をとりません。ガジェットポーチを普段から持ち歩きたい方はもちろん、出張や旅行などで頻繁に飛行機に乗る方も、保安検査場での出し入れが簡単なのでおすすめです。ただし、やわらかく変形性が高い分、ハードタイプと比較すると衝撃には弱くなります。

ガジェットポーチの選び方

リモートワークの普及に伴い、昨今はさまざまなガジェットポーチが販売されています。使ってみたいけど自分に合うものがわからない方のために、ガジェットポーチの選び方を解説します。

素材で選ぶ

まずは素材の違いです。ものによって重さや使い勝手が異なるので、自分に合った素材を選びましょう。各素材の特徴を簡単に紹介します。

EVA素材/ポリカーボネート

ポーチの中身をしっかりと守るなら、EVA素材やポリカーボネートなどの固めの素材がおすすめです。EVA素材とは「エチレン酢酸ビニル共重合体」のことで、サンダルにも使われています。軽くやわらかいのが特徴です。ポリカーボネートはポリカーボネート樹脂から作られるプラスチックの一種で、熱に強く耐久性があります。屋外の看板や車のヘッドランプなどの素材になっています。どちらも耐衝撃性が高く、セミハードタイプやハードタイプのガジェットポーチの素材によく使われています。

革・レザー

ビジネスシーンでスタイリッシュに使いたい印象重視派なら、革(レザー)タイプが一押しです。革のガジェットポーチは水や汚れに弱く、定期的なお手入れが必要ですが、使い込むたびに色ツヤが増して、深い色合いに変化していくエイジングを楽しめます。

ナイロン、ポリエステル

使い勝手を重視したい方にはナイロンやポリエステル素材がおすすめです。EVA素材に比べると耐衝撃性は下がりますが、軽量で水や汚れに強い特徴があります。

収納性で選ぶ

USBやイヤホンなど、小さなものを多く収納したい方は、ポケットや仕切りがあるタイプのガジェットポーチを選びましょう。たくさんの小物類をきれいに整理して収納できます。

また、内側にゴムバンドが備え付けられているかもチェックしましょう。ゴムバンド付きのものだと、種類別に小物を固定できるため、運ぶ衝撃でぐちゃぐちゃになったり、ケーブルやコード、イヤホンが絡まったりする心配もありません。

サイズで選ぶ

サイズも大小さまざま、収納する小物をイメージして自分に合ったものを選びましょう。例えばケーブル類やイヤホン、USBなど小さいものだけ入れるのであれば、薄型の小さいタイプがおすすめです。パソコン本体と一緒にバッグに入れてもかさばらないのがうれしいですね。反対に、ACアダプタやモバイルバッテリーやマウスなど、大きいものをまとめて持ち歩きたい場合は、厚みもあって大きいタイプのほうが適しています。

防水性・撥水性で選ぶ

防水性や撥水性の有無もチェックしておきましょう。撥水加工はあくまでも少量の水を弾くもので、防水加工とは異なる点だけ注意してください。特に精密機器はちょっとした水濡れで故障してしまうので、ぜひチェックしておきましょう。EVA素材やポリカーボネート、ナイロンやポリエステルであれば撥水加工がされているものが多いです。

デザインで選ぶ

ガジェットポーチも、シンプルな色からカラフルなものまでさまざまあります。開くと中だけ色が違ったり、ファスナーの細部のデザインなども見比べると楽しいポイントです。気持ちが晴れやかになるような、お気に入りのデザインを探してみましょう。

CRAFSTOが提供するガジェットポーチ

CRAFSTOでも、オリジナルのガジェットポーチを提供しています。深型と浅型の2つの収納を設置。深型には充電器やACアダプタなどを、浅型にはケーブルやイヤホンなどを収めることができます。

それぞれふたの裏には、フリーポケットがついており収納力は抜群です。外側だけではなく中のコードホルダーにまで贅沢に使用されたブライドルレザーは、革表面に塗りこんだロウが特徴です。革表面をロウがうっすら白く彩り、ガジェットポーチを使い込むにつれて本来の革の風合いが表れます。仕事時間のスマートなパートナーとして、男女問わずおすすめしたいアイテムです。

ガジェットポーチ ブライドルレザー


Related Products

ブライドルレザー ネックウォレット

【予約販売】ブライドルレザー ウォレットバッグ

英国製ブライドルレザー三つ折り財布

Bridle Leather ブライドルレザー マネークリップ

Bridle Leather ブライドルレザー 長札入れ

Bridle Leather ブライドルレザー 長財布

Bridle Leather ブライドルレザー 二つ折り財布

ブライドルレザー フラグメントケース【5Pockets】


Related Blog


長財布と二つ折り財布(折りたたみ財布)どっちがいい?メリット・デメリットを徹底比較

数ある財布のなかでもポピュラーなのが長財布と二つ折り財布。新しく財布を購入するときに、長財布にするか二つ折り財布にするか悩む方も多いのではないでしょうか。今回は長財布と二つ折り財布のメリットやデメリットについてそれぞれご紹介します。...

コードホルダー(イヤホンホルダー)とは?使い方や選び方について

カバンの中に入れて持ち歩いていたイヤホンを使おうとしたら、キーケースや充電ケーブルと絡まってしまって、うまく取り出せない……。こんな経験ないですか?...