二つ折り財布

財布と小銭入れ(コインケース)を分けるメリットとデメリットを解説

財布には、小銭入れ用のポケットが付いていますが、長財布や二つ折り財布とは別に小銭入れ(コインケース)を持ち歩く方もいます。

長財布や二つ折り財布だけでも、小銭を十分に収納できますが、あえて財布と小銭入れを分けるのはなぜか?

今回は、あえて財布と小銭入れを分けるメリットやデメリット、財布や小銭入れの選び方のポイントを解説します。

財布と小銭入れ(コインケース)を分けるメリット

型崩れしにくい

財布に小銭をたくさん収納すると、型崩れや変形など寿命を早める原因になります。小銭を入れすぎないことがベストですが、小銭をなるべく多く持ち歩きたい方は、小銭入れと財布を分けることで、購入時に近い状態をキープできます。結果的に財布の寿命を延ばせるかもしれません。

関連記事:今使っている財布は何年使う?寿命と買い替え時期について【長持ちするメンテナンス】

中身を把握しやすい

財布の中が、カードや紙幣、小銭であふれていると、どこに何をしまっていたのか把握しにくくなります。小銭入れと財布をそれぞれ分けて持つことで、今どのくらいお金を持っているのか把握しやすくなります。

小銭や紙幣が取り出しやすい

小銭は小銭入れ、紙幣は財布と分けてしまうことで、それぞれ必要なときに取り出しやすくなります。財布でも小銭を収納できますが、取り出しやすさや容量は小銭入れと比べるとやや劣ります。

特に、ボックスタイプや馬蹄タイプの小銭入れは、中身を見渡しやすく、取り出しやすいため、コインパーキングや自動販売機など、小銭だけ使用したいときに重宝するでしょう。

財布と小銭入れ(コインケース)を分けるデメリット

荷物が増える

財布と小銭入れを両方持ち歩くことになるため、荷物がかさばります。1つだけなら、手に持ったりズボンのポケットに入れたりして持ち歩けますが、2つだと、バッグやコートなどの深めのポケットにしまう必要があるでしょう。

持ち忘れるリスクも

「2つ持ち」を始めて間もない頃は、小銭入れや財布のいずれかを持ち忘れるリスクも。会計ができず、自宅に戻ったり、ATMでお金を下ろしたりするなど、手間がかかってしまいます。

会計に手間取る

小銭あるいは紙幣だけが必要な場合は、「2つ持ち」が便利ですが、紙幣と小銭を使う場合は、財布と小銭入れを両方出す必要があります。

また、財布から紙幣を出してお釣りをもらう際にも、小銭入れにしまう必要があるため、1つ持ちのときと比べると、会計に手間取るかもしれません。

財布の選び方

財布を選ぶ際に、まずおさえておきたいポイントが収納力です。収納力では、やはり長財布に軍配が上がります。カード類をたくさん持ち歩きたい方や、レシートや領収書などもまとめて収納したい方、お札を折らずに収納したい方は長財布が適しています。

反対に、収納力を求めず、できるだけスリムに持ち歩きたい方には二つ折り財布がおすすめ。二つ折り財布なら、サイズも小さくポケットにも収まりやすいです。

また、財布の印象を決めるのは、やはりなんといっても素材。フォーマルなシーンで使いたい、エイジングを感じながら長く使いたいなら、牛革や馬革など革素材がおすすめ。

ただし水濡れに弱い、キズが付きやすいという難点も。その点、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維は軽量かつ撥水性に優れており、アウトドアシーンなどで気軽に使えます。ただし、カジュアルな印象が強いため、ビジネスシーンには不向きかもしれません。

フォーマル、カジュアルどちらのシーンでも使いたい方は、非動物性のヴィーガンレザーの財布も1つの候補として考えてみては。動物性レザーよりも軽量で、水や傷に強いメリットがあります。

関連記事:ヴィーガンレザーとは?軽量で耐久性にすぐれた注目の新素材

小銭入れ(コインケース)の選び方

小銭入れを選ぶ際に、特にチェックしたいポイントは開け方。

なるべく短時間でスマートに小銭を取り出すには、開閉がラクで、かつ中身を見渡せる視認性が重要です。

視認性の高さを重視するならボックス型の小銭入れが、開閉のしやすさを重視するならバネ口型の小銭入れがおすすめ。

関連記事:コインケース/コインパース(小銭入れ)なら革が良い?種類や選び方

CRAFSTOが提供する財布と小銭入れ(コインケース)について

CRAFSTOでは、長く使うことにこだわった美しい革素材のオリジナルアイテムを取り揃えています。単体でも、2つ持ちでも使いやすい財布と小銭入れのラインナップをご紹介。

Shell Cordovan シェルコードバン 長財布

使うほどに深くなるツヤが美しいシェルコードバンの長財布。長財布ならではの厚みが出てしまう問題を解消した設計により、胸ポケットにもすっぽり収まります。マチ付きの札入れ側に4枚分のカードホルダー、フラップ裏側にもカードホルダーが6つ、さらに4つのフリーポケットと、収納力は申し分ないです。

シェルコードバン 長財布

商品はこちら

Bridle Leather ブライドルレザー ラウンドファスナー長財布

大きく開閉し、中身が取り出しやすいラウンドファスナー型の長財布。ファスナーには、YKK社の最高品質である『EXCELLA(エクセラ)』を採用。なめらかでストレスフリーな使い心地が魅力。外装に使用しているブライドルレザーは、時間の経過とともに変化する色合いとツヤを味わうことができ、使う人を飽きさせません。

ブライドルレザー ラウンドファスナー長財布

商品はこちら

NEBRASKA ネブラスカ L字ファスナー財布

片手に収まるコンパクトな財布を求める方におすすめなのがこちら。本体にはイタリアの名タンナーLo Stivale社のシュリンクレザーを使用。革の芯までオイルを含んだやわらかい質感が魅力です。コンパクトな財布ながら小銭入れも大きく開くため、使い勝手は抜群。

ネブラスカ L字ファスナー財布

商品はこちら

Future prism コインケース

片手に収まるサイズ感と、コロンとした丸型が可愛らしいコインケースです。商品名のFuture prismとは、トレバープロジェクトを支援するチャリティーコレクション。トレバープロジェクトとは、LGBTQの若者の自殺防止に取り組むアメリカの支援団体です。このコレクションは、もともと廃棄予定だった床革に、日本人アーティストの絵をプリントしたユニークなアップサイクル製品となっています。

Future prism コインケース

商品はこちら

Bridle Leather 製ブライドルレザー ファスナー小銭入れ

ブライドルレザーの美しいエイジングを味わえる小銭入れ。片手に収まるコンパクトなボディでありながら、収納力は◎。小銭入れのほか、3ヵ所のカードホルダーも配置しているから、これ1つで十分に財布として使えます。ラウンド型だから、ファスナーも大きく開いて視認性も抜群。

ブライドルレザー 小銭入れ

商品はこちら



Related Products

Bridle Leather ブライドルレザー 二つ折り財布

Shell Cordovan シェルコードバン 二つ折り財布

Bridle Leather ブライドルレザー 長財布

Shell Cordovan シェルコードバン L字ファスナー財布

Shell Cordovan シェルコードバン ラウンドファスナー長財布

Bridle Leather ブライドルレザー ラウンドファスナー長財布

Shell Cordovan シェルコードバン 長財布

Bridle Leather ブライドルレザー L字ファスナー財布


Related Blog


財布と小銭入れ(コインケース)を分けるメリットとデメリットを解説

財布には、小銭入れ用のポケットが付いていますが、長財布や二つ折り財布とは別に小銭入れ(コインケース)を持ち歩く方もいます。...

財布と小銭入れ(コインケース)を分けるメリットとデメリットを解説

財布には、小銭入れ用のポケットが付いていますが、長財布や二つ折り財布とは別に小銭入れ(コインケース)を持ち歩く方もいます。...