ヴィーガンレザー トートバッグ

ヴィーガンレザーとは?軽量で耐久性にすぐれた注目の新素材

昨今、さまざまな社会課題が世界規模で表面化し、持続可能な開発目標(SDGs)に注目が集まっています。そんななか、ファッション界で関心を呼んでいるのが「ヴィーガンレザー」です。 

ヴィーガンレザーの意味や定義とは?

ヴィーガンレザー(vegan leather)のヴィーガン(vegan)は、英語で「完全菜食主義者」を意味します。完全菜食主義は、卵やチーズ、牛乳など動物由来の食品を口にせず、また動物由来の革製品も避けて暮らします。

革製品は牛や馬や羊など動物の皮が原料になりますが、ヴィーガンレザーは動物由来の素材を一切使用せず、植物や人工的な素材を使います。

ヴィーガンレザーとエコレザーの違い

ヴィーガンレザーとよく混同されるのが「エコレザー」です。どちらも環境に配慮した革ですが、双方の違いは原料に動物の皮を使っているか否かです。 ヴィーガンレザーは合成皮革と天然素材の2種類がありますが、両方とも動物の皮を使っていません。

一方、エコレザーは動物の皮から革製品を作るときに出る切れ端を溶かして、樹脂などで固めたものです。エコレザーの定義は財団法人日本環境協会が定める日本エコレザー基準(JES)によって定義されています。例えば、天然皮革であること、適切な排水、廃棄物処理がされた工場で製造されていること、臭気、化学物質および染色摩擦堅ろう度に関する一定の基準を満たしていることなどが挙げられます。

関連記事:エコレザーとは?フェイクレザーとは違う、地球環境にやさしい近未来のレザー

ヴィーガンレザーの種類

ヴィーガンレザーには、プラスチックなど人工素材を使った合成皮革(合皮)と、植物由来の天然素材を使った2種類があります。

合皮のヴィーガンレザー

合成皮革(合皮)とは、革の芯となる基布(きふ)に織物や編物を使い、その上にポリウレタンなどの樹脂を塗って作られたものです。表面の樹脂層には型押し加工をして、本物の革のようなシワやシボの質感をつけます。 

ポリ塩化ビニル(PVC)

ポリ塩化ビニル(PVC)は、Polyvinyl chloride (ポリビニール クロライド)の略で、一般的には「塩ビ」や「ビニール」と呼ばれます。

布に塩化ビニル樹脂を塗った革が、ポリ塩化ビニル(PVC)の合成皮革です。この革の表面は硬くツルツルとしています。軽量なのに耐久性があり、加工も簡単で価格も安いです。ドライクリーニングに出すと品物を硬化させてしまう特性があるので、取り扱いには注意しましょう。

ポリウレタン(PU)

ポリウレタン(PU)は、Polyurethaneの略で基布にポリウレタン樹脂を厚く塗って作られます。 ポリ塩化ビニルよりも、やわらかく弾力があり、見た目も天然皮革に似ています。しなやかな性質から、カーブの多い革張りのソファーによく使われます。

リサイクルプラスチック

再生ポリエステル(リサイクルポリエステル)とは、リサイクル回収したペットボトルを分解して、糸や繊維にした素材のことです。シワになりにくく耐久性があるため、扱いやすいです。吸湿・吸水性も優れ、シャツやスカート、バッグなどさまざまな衣類製品にも使われています。

天然素材のヴィーガンレザー

合成皮革のほかに、植物などの天然素材から作られるヴィーガンレザーもあります。なかには「こんなものまでレザーになるの?」と驚くようなレザーも。

パイナップルの葉

ロンドンの会社、「Ananas Anam(アナナス・アナム)」が開発したヴィーガンレザーです。 Pinatex(ピニャテックス)は、パイナップル生産大国のフィリピンで、毎年廃棄されている膨大な量のパイナップルの葉に注目して作られました。パイナップルの葉の繊維には耐久性があり、美しく発色する特徴を持っています。

りんご

アップルレザーは、りんごの搾りかすから作られるヴィーガンレザーです。イタリアの大きなりんご果樹園では、毎年大量のりんごが廃棄されていることが問題視されていました。りんごの絞りかすを乾燥させ、パウダー状に分解し、樹脂と配合することで革になります。このパウダー状の粒子が有機組織を作るため、ほかの合成皮革と比較すると通気性があります。撥水性もあるため、少しの水濡れなら耐えられます。

関連記事:アップルレザー(アップルスキン)とは|りんごの芯や搾りかすを生かした新素材

サボテン

「Desserto(デザート/デセルト)」は、メキシコの企業「ADRIANO DI MARTI」が開発したサボテンレザーです。 サボテンは生育に使う水が少なく、さらに二酸化炭素を良く吸うため、環境保護の観点からも注目されています。 硬くしっかりとしたサボテンの表面は本革と遜色ありません。摩擦にも強く耐久性が高いため、長年愛用できるおすすめのヴィーガンレザーです。

関連記事:サボテンレザーとは|サステナブルな未来を実現する新素材

ぶどう

「VEGEA(ベジェア)」は、ミラノのスタートアップ企業「VEGEA(ベジェア)」が開発した素材です。イタリアの蒸留所では、ぶどうを原料にした蒸留酒「グラッパ」を製造しており、その過程でたくさんのぶどうの絞りかすが出ます。そのかすをパウダー化してオイルと混ぜ、オーガニックコットンなどをベースに塗布して製造されます。

きのこ

アメリカの企業「BOLT THREADS(ボルト・スレッズ)」社が手がけるきのこレザー「mylo(マイロ)」は、きのこの地下根系の菌糸体マイセリウムから作られています。 菌糸体マイセリウムは約2週間で成長し、無限に再生可能です。環境にやさしくサステナブルな素材であることから、近年では有名ブランドも取り入れ始めています。

ココナッツ

スロバキアのデザイナー、Zuzana Gombosovaがインドで開発したのが「Malai」です。Malaiの原料はオーガニックなバクテリアセルロースです。このバクテリアセルロースは、インドで農業廃棄物になる予定だったココヤシの果実に含まれるココナッツウォーターの中で育成されます。 Malaiは扱いやすく耐久性もある素材で、ヴィーガンレザーだけでなく紙の素材としても使われます。

ヴィーガンレザーのメリット・特徴

ヴィーガンレザーには、環境に優しいほかにどのようなメリットがあるのでしょうか?ヴィーガンレザーの利点を2つご紹介します。

雨や汚れに強い

動物性の本革は雨や水で濡れると水シミになりやすいですが、ヴィーガンレザーは水濡れや汚れに強く、革表面が汚れても布でサッと拭き取るだけでOKです。

カラーバリエーションが多い

動物性の本革と比べると、模様やカラーバリエーションなどが豊富です。加工性にすぐれており、染色がしやすくビビッドなヴィーガンレザーも多く販売されています。自分に合った個性的なカラーレザーを探している方にぴったりです。

ヴィーガンレザーのデメリット

反対に、経年変化を楽しめない、素材によっては本革よりも耐久性が低いなどのデメリットがあります。

本革に比べると耐久性が低い

素材にもよりますが、ヴィーガンレザーは動物性の本革と比較すると耐久性に劣ります。ヴィーガンレザーは合成樹脂を含んでいます。特に、表面にポリウレタン樹脂を塗布しているレザーは加水分解を起こしやすく、2〜5年ほどでひび割れや破れが出てきます。ただし前述のサボテンレザー「Desserto」は、ヴィーガンレザーでありながら耐久性が高く、10年持つといわれています。

経年変化を楽しめない

革製品の楽しみの1つが経年変化(エイジング)ですが、これは動物性皮革を植物性タンニンでなめしたり、オイルを染み込ませたりしたものだけに表れる現象です。ヴィーガンレザーにはどちらの製造工程もないため、残念ながら経年変化(エイジング)を楽しむことはできません。

ヴィーガンレザーのお手入れ方法

ヴィーガンレザーは雨や汚れにも強く、とても扱いやすい革です。革表面に汚れがついた場合は、湿らせた布でサッと拭き取り、さらに乾いた布で乾拭きすればOKです。濡れても水シミになりにくいため、防水スプレーも不要です。また、湿気がこもる場所での保管や、直射日光に長時間当ててしまうと劣化を早める原因になるので、日陰で風通しの良い場所に保管しましょう。

CRAFSTOが提供するヴィーガンレザー製品について

最後に、CRAFSTOが提供するヴィーガンレザー製品をご紹介します。まだ世の中でも珍しい最先端のレザー製品をぜひお試しください。

Desserto ヴィーガンレザートートバッグ

サボテンレザーDessertoを使用したレザートートバッグです。サボテンから作られる革は耐久性が高く頑丈で、世界トップレベルの安全な繊維製品を表す「OEKO-TEX®️ Standard100(エコテックス®スタンダード100)」の認証を受けています。パソコンや書類もすっぽり入るほどのサイズ感ですが、開閉口はマグネットタイプになっているため、バッグの中身が見られる心配はありません。サボテンレザーでできた本体とハンドルは、ふっくらとした天然素材の厚みがありながら耐久性も兼ね備えています。ビジネスシーンはもちろん、小旅行にもぴったりのサボテンレザートートバッグです。

ヴィーガンレザートートバッグ

Desserto ヴィーガンレザートートバッグ ¥47,300

Desserto ヴィーガンレザー ボディバッグ

同じくサボテンレザーのDessertoを使用したボディバッグです。

日常使いにぴったりのコンパクトなサイズでありながら収納力は抜群です。メイン収納部はファスナーが大きく開くため、簡単に中身を見渡せます。マチが7cm縫われているので、厚みのある財布や本なども収納可能。

近年は働き方の変化もあり、自転車通勤の方も増えてきました。バックパックよりもコンパクトに、かつ両手がフリーで必要なものだけ持ち運べるバッグへの需要は高まっています。普段の生活で手軽に使えるバッグが欲しい方におすすめの一品です。

ヴィーガンレザー ボディバッグ

Desserto ヴィーガンレザー ボディバッグ ¥37,840

Desserto ヴィーガンレザークロスボディバッグ

外装にサボテンレザーを、内装にはリサイクルナイロン生地、ショルダーにはイタリア製リサイクルナイロンテープを使用。

コンパクトな見た目でありながらも、デジタルカメラや小さなタブレットが入るほどの収納力を誇ります。ショルダーにはアジャスターがついており、肩がけだけでなく斜めがけでも使えるので、ちょっとした買い物からビジネスシーンまで幅広く活躍します。

ヴィーガンレザークロスボディバッグ

Desserto ヴィーガンレザークロスボディバッグ ¥33,000

Desserto ヴィーガンレザーバックパック

黒を基調としたシックな見た目で、ビジネスシーンからカジュアルな使い方までできる一品。

内側には、ビジネスパーソンにはうれしい13〜14インチのラップトップを収納できるポケットを完備。また、カードケースやスマホを収納できるフリーポケットをサイドに1つ設置しています。両側に大きく開くジップクロージャー仕様で収納力は抜群。出張や旅行の時にも重宝します。

ヴィーガンレザーバックパック

Desserto ヴィーガンレザーバックパック ¥49,500

アップルレザー&オーガニックコットン ボディバッグ

GOTS認証を取得しているコットンキャンバス生地をメインに、ハンドルやパイピングには廃棄予定のりんごを再利用したアップルレザーを使用。まるでリアルレザーのような手触り、質感が楽しめます。

前面には、頻繁に取り出す鍵やイヤホンなどしまえる小さめのポケットを配置。お財布、スマートフォン、鍵など、最低限のものを収納できるコンパクトなサイズ感なので、旅先のサブバッグとして重宝します。

アップルレザー ボディバッグ

アップルレザー&オーガニックコットン ボディバッグ ¥19,800

アップルレザー&オーガニックコットン トートバッグ

A4サイズのノートや書類が収納できる実用性の高いトートバッグです。環境に配慮したオーガニックコットンとアップルレザーの素材を使用。シンプルなデザインだから、カジュアルなスタイルでも、ビジネスユースでも活躍します。オフホワイトのほか、カーキ、ブラックなど計3色から選べます。

アップルレザー トートバッグ

アップルレザー&オーガニックコットン トートバッグ ¥23,800



Related Products

アップルレザー&オーガニックコットン ボディバッグ

アップルレザー&オーガニックコットン トートバッグ


Related Blog


アップサイクルの意味とは|リサイクルとは違う?廃棄物に新たな価値をつける取り組み

服やバッグ、インテリア雑貨など、使い終わって不要になったものはどうしていますか?そのまま捨てるのは簡単ですが、廃棄処理には二酸化炭素の排出や土壌汚染など、問題も山積みです。廃棄以外の選択肢として、近年注目されているのが「アップサイクル」です。...

サステナブル素材の種類とは|環境にやさしく、持続可能な未来を育む

「サステナブル素材」をご存じでしょうか?原料、製造、販売、消費などの全てのプロセスにおいて環境に配慮した素材を指す言葉です。地球に優しそうなイメージがありますが、具体的にはどのような素材なのでしょうか。...

サボテンレザーとは|サステナブルな未来を実現する新素材

観葉植物として人気が高いサボテン。可愛らしいフォルムやカラフルな花は、お部屋に1つあるだけで気分を明るくしてくれますよね。そのサボテン、実はバッグやお財布などの素材として利用されているのを知っていますか?...